021.Decision of the mother

〜引越しシーズン到来?〜

 

最近、近所で引越しのトラックをよく見かけます。そういえば引越しシーズンですね!

我が家は時期が決まってないので、一足早く去年の12月に引っ越したので、もう3ヶ月経ちました。

本当にあっという間で、引越しがすでに懐かしく感じます。

でも、その時の心境は忘れられません。というわけで、その時のことを思い出して書いてみることに。

 

〜引越しを実感するのは当日になってから〜

 

引越しが決まって3週間、これはもう、いつもの3週間と比べようのないくらいあっという間にすぎます。

そして当日になってようやく気づくのです。

あっ、引っ越しするんや・・・と。

 

部屋が空っぽになったとき、さすがに胸が詰まりました。

今までの引越しと違うのは、子供がいること。

何気ない一日を思い出すと愛おしく感じました。

新生児の頃を過ごしたので家にいることが多く、特に思い入れがありました。

 

今は違う家族が新しく生活をしていることでしょう。

 

〜決心〜

 

当日に感極まり号泣することもできましたが、なんとか少量に収まることができました。

いつもなら何も気にせず泣いたりしてましたが、子供の前でそれはしたくなくて。

 

母は強くならないといけない!

と、その時なんとなく思ったのでした。

将来、引っ越しで子供が寂しい思いをしたときに、それを受け止めたいなと。

 受け止める側が号泣してたら元も子もないなと・・・。

 

そして涙をこらえて決心しました。

新しい場所で、これまで以上に楽しい思い出を作るぞ!!!!

何があっても、その分いっぱい笑えばいいんです。

笑うから楽しくなる。楽しいおかんでいたいなあ、と思います。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 育児漫画・育児絵日記へ

にほんブログ村