017.Nervousness

〜生まれる瞬間、期待と緊張!〜

 

ちょうど1年前の午前中のことでした。

今までありがたいことに、大きな手術はしたことがなく、お腹を切るというのはこのとき初めてでした。

期待よりも、手術自体はうまくいくのか、頭がいっぱいでした。

 

無事に出てきておくれ、無事に手術が終わりますように!!!!!

 

というガチガチの緊張っぷりを発揮しました。

自然分娩の最後いきむときに、好きな歌を歌う。という話を聞いたことがあります。

それと同じように、歌ったら手術の緊張感も解けるかなと思いまして・・・。

 

とっさに出てきたのがカープの応援歌。(カープファンなので)

 

意識がはっきりしていないので、多分そんなに大きな声は出せなかったように思います。

か細い声で、歌いました。

 

医師達もびっくりですよね。

 

「いや、、歌です・・・。」

 

と言った後に、「すごいね、余裕だね〜!」と言われました。

内心では「違いますよ・・・。緊張をほぐすためです。」と思ったものの、伝える必要もないので、「はい・・」とだけ。

 

痛みとかそういうものは覚えていません。

その前後のやりとりとか一連の流れの方がはっきり覚えています。

不思議ですね。

 

 

〜忘れられない産声とアマリリス〜

 

そんな緊張の中、ズボッとひっぱり出された感覚があり、次の瞬間・・・

 

おぎゃああああ〜〜〜〜〜

 

と、産声。

 

もうこの瞬間、緊張なんて消えています。

こんな嬉しい気持ちがこの世の中に存在するのかと。

 

やっと会えた。会えたんだ。

 

今度は応援歌ではなく、「ありがとう」を10回くらいつぶやいていたと思います。

 

そして手術が終わって、最初のドアが開いたときに流れた音楽がアマリリスでした。

 

「あ〜この曲懐かしい・・・。」

という気持ちとともに、達成感でいっぱいになりました。それ以来この曲が好きです。

 

でもなんでアマリリスなんだろう???

 

 

〜そして今日〜

 

 

 

こ〜んなに小さかったのに!

 

 

 

今ではこんなにしっかり立ってる。

 

とにかくありがとう、という気持ちでいっぱいです。

 

今日はたくさんお祝いします。

 

いつも読んでくださってありがとうございます、無事に1歳を迎えることができました!

今後ともどうぞ宜しくお願いします。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 育児漫画・育児絵日記へ

にほんブログ村