005.deai

〜子育て支援センターという場所〜

 

2016年12月に兵庫県に引っ越した我が家。

引っ越しの手続きをしながら、まずはどんな街かを知って、誰かと出会うことが必要です。

未就園児のお母さんにとって助かるのが「子育て支援センター」の存在。

 

今住んでいる場所の近くにはセンター自体は無いので、代わりに児童館へ行っています。

施設によって開園時間や遊具、赤ちゃん(1歳まで)の時間が別にあったりと様々です。

高知県にいるときは近くの保育所の二階がセンターになっていました。

保育士さんが常時二人いてくださって、離乳食のことなど色々と相談に乗ってもらいました。その保育士さんが教えてくれた歌や手遊びを、今でも家でずっとやっています。 

 

〜無理にでも行ったほうがいい?〜

 

お母さん達がたくさん集まる場所は、なんだか敷居が高く感じられます。

世間で言われている、ママ友がどうのこうの〜というイメージと偏見を持っていたからです。

でも行ってみないことにはわからないので、えいっと飛び込んでみたら意外とこんな感じなのかと納得できました。

 

まだまだ子育てがどんなものか分からないですし、悩むこともたくさんあります。

その悩んでいることの答え合わせをするために、通っている気がします。

もちろん答えなんて人それぞれなので実際のところ分かりません。

ただ、今の自分が欲しかった言葉がもらえたり、みんな同じことで悩んでいると分かればすごく気が楽になります。

 

無理してでも行ったほうが良い!とは決して思いません。

ですが、家でくよくよ悩んでいるなと思ったら、試しに行ってみることをおすすめします。

私も最初に行こうと思ったきっかけは、「まじでどうしたらいいのかわからん助けて・・・。」と心の声が叫んでいたからです。

 

 

新しい場所での新しい出会い、のびのびと遊ぶ我が子を見て、とても良い影響になっている気がします。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 育児漫画・育児絵日記へ

にほんブログ村